2015年09月06日

9月からは今までとは違う勉強法が必要です。

4月から8月までは、じっくり考える勉強が必要でした。
数学を例に取ると、時間は考えずに、とことん考える。
英語や国語の選択肢もじっくり考える。

しかし、9月からは実践的な勉強方法に変える必要があります。
数学や物理では、15分や20分などの時間を決めて考えるようにします。
(さっぱり分からない場合10分くらい悪戦苦闘してから、解答を見ます。)
英語や国語は時間を決めて設問全部(またはある程度)解いてから解答を見ます。
(8月までは一問一問解答を見ることもあったと思います。)

まとめると、8月まではじっくり実力をつける。
9月以降は、実践的な勉強方法にする。

この方法は9月から徐々に移行していって、11月や12月には
実践的な勉強方法になっていれば、よろしいかと思います。

また、英語や数学って全く勉強しない日があると、不安になったり、
実力が落ちたりします。
それを防ぐために、毎日英語の長文を読む。(短めの長文も可)
数学も一問くらいは、問題を解く。(計算問題ではないよ)
こういう勉強も大切です。

できれば、志望大学の過去問を時間を計って解いてみるのもお勧めです。
過去問をやると、自分の実力のなさにがっかりします。
もう少し勉強して、実力をつけてから、解こうと思うかもしれません。
でも、今過去問を解けば、自分の足りないところが見えてきます。
必死で勉強できるようになります。
そのためにも、過去問に目を通しましょう。


posted by 上原 at 19:35| あいさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月10日

東進の宮内 舞子先生が美人で話題ですね。

美人の先生のおかげで教科の勉強が好きになることもあるでしょう。
youtubeに東進の動画がありますが、説明も分かりやすそうですね。
動画のURLはこちらです。
http://www.youtube.com/watch?v=elyYxG05CGM

僕の受験時代もこういう物理の先生がいれば、、、、

僕の時代は古文の荻野先生が人気でした。
僕は個人的には生物の扇谷先生が好きでした。笑
posted by 上原 at 22:28| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月21日

センターが終わった後の勉強方法

以前下でも紹介しましたが、
http://kamenrouninsaijyuken.seesaa.net/article/248608187.html
センターが終わって二次試験に向けての勉強です。

まず、志望大学の過去問を解きます。
もうちょっと実力をつけてからなんて考えないでください。
過去問をやることによって、自分に足りない部分が見えてきます。

英語では、今まで使った英単語集や熟語集をちょくちょく見ます。
長文になれるために、一日に長文一つは解きましょう。
(問題集でよい)

数学は、受験大学と同じレベルの問題集(持っているもの)を使います。
できれば、今まで使った問題集を繰り返しましょう。

理科も同じです。

今まで勉強した本を繰り返して、完璧にしてください。
覚えにくいところ、自分に必要な公式などをノートにまとめます。
そのノートは試験当日に会場で見直します。
試験が始まったら、問題の余白などに、覚えた内容を書き出します。
その後試験問題を解きます。

また、体調管理も大切なので、夜は早く寝て、朝方に変えるのも必要です。
posted by 上原 at 11:41| センターで失敗しても | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。