2015年09月06日

9月からは今までとは違う勉強法が必要です。

4月から8月までは、じっくり考える勉強が必要でした。
数学を例に取ると、時間は考えずに、とことん考える。
英語や国語の選択肢もじっくり考える。

しかし、9月からは実践的な勉強方法に変える必要があります。
数学や物理では、15分や20分などの時間を決めて考えるようにします。
(さっぱり分からない場合10分くらい悪戦苦闘してから、解答を見ます。)
英語や国語は時間を決めて設問全部(またはある程度)解いてから解答を見ます。
(8月までは一問一問解答を見ることもあったと思います。)

まとめると、8月まではじっくり実力をつける。
9月以降は、実践的な勉強方法にする。

この方法は9月から徐々に移行していって、11月や12月には
実践的な勉強方法になっていれば、よろしいかと思います。

また、英語や数学って全く勉強しない日があると、不安になったり、
実力が落ちたりします。
それを防ぐために、毎日英語の長文を読む。(短めの長文も可)
数学も一問くらいは、問題を解く。(計算問題ではないよ)
こういう勉強も大切です。

できれば、志望大学の過去問を時間を計って解いてみるのもお勧めです。
過去問をやると、自分の実力のなさにがっかりします。
もう少し勉強して、実力をつけてから、解こうと思うかもしれません。
でも、今過去問を解けば、自分の足りないところが見えてきます。
必死で勉強できるようになります。
そのためにも、過去問に目を通しましょう。


posted by 上原 at 19:35| あいさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月26日

医学部再受験や仮面浪人、センター試験についてのブログです。

ブログ管理者の上原(HNです)と言います。
別のところでブログをやっていましたが、使いにくいので、こちらに移動しました。

僕は、2浪の末に大学に入学しました。

センター試験については思い出したくありませんが、
現役の時は、800点満点換算で全国平均からマイナス60点(完全に失敗ですね)
一浪の時は、800点満点換算で全国平均からプラス110点(現役時より170点の上昇)
(一浪の時の点数が間違っていたので、訂正しました。)
二浪の時は、全国平均を忘れましたが、約8割でした。(実力から言うと失敗です)
(昔のことなので、点数に少しあやしい点もあります。)

高校時代は文系だったので現役時代は、
大阪外国語大学朝鮮語学科と北九州大学外国語学部中国語学科を受けて、両方不合格。
(センター試験が全国平均よりマイナス60点では合格はありえないので記念受験?)
(大阪外国語大学は現在は大阪大学外国語学部になっています。)
一浪の時は、長崎大学歯学部、鹿児島大学歯学部を受けて、両方不合格。
二浪の時は、鹿児島大学歯学部と大阪外国語大学ベトナム語学科を受けて、両方合格。

もともとは、学校の先生か通訳になりたかったのと、後から医療に興味が出たので
歯学部を受験しました。(家が貧乏なので私大の歯学部は受験しませんでした。)
(二浪の時に大阪外国語大学を受けたのは、仮面浪人も考えてです。)

現在は、外国で医療の研究を行っています。(もうすぐ日本に一時帰国します。)

大学は歯学部に通ったため、同級生に再受験、仮面浪人の人も多く、
医学部の友達(東京の有名国立大学卒業からの再受験)もいたので
仮面浪人や再受験や勉強の仕方など、色々と知ることができました。

このブログでは、主に医学部を目指す仮面浪人生や再受験生のための情報をアップします。
効果的な勉強方法なども紹介するので、よろしくお願いします。
posted by 上原 at 14:14| あいさつ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。